労働には戻らない

【新時代の働き方】会社で1日8時間労働が長いと感じるなら、デジタルノマドの素質があります

りくゆと【独りひっそりビジネス6年目】

独りひっそりネットビジネス6年目の40代です。メンターとひまわりさんのお二方との奇跡的なご縁と繋がりました。ひまわりさんのアファメーション『アルファソート』で、人間関係・健康面・経済面の悩みや不安が解消しました。現在、独りで家でひっそりと稼ぎ続けられる事に心から感謝しています。メンヘラおばさんでも人生が輝き続けています。あなたの人生も、光の道に導かれることを祈っています。

 

令和の時代でも、昔の価値観で働きづめになっています。

日本人の多くの方が、会社での1日8時間労働を続けています。

しかし正直言って、もう会社で働くのは時代遅れだとわたしは思います。

おかしいとまで感じているところです。

 

ネットの進化が凄まじい今、すでに新時代の働き方があるんです。

それがメンターが教えてくださる『独りひっそりネットビジネス』です。

 

私は何度も人間関係に悩んできました。

その度に、転職・精神疾患になった経験があります。

だから、会社に雇われる働き方に違和感を感じています。

 

かつて私も会社勤めを20年ほどしていました。

いつも抗うつ薬や精神安定剤を飲んで仕事していたんです。

 

そんな状況から解放されたのは、『独り』に特化したビジネスです。

『独りひっそりネットビジネス』のメンター、松田悠玄さんのおかげです。

 

政府が『100兆円規模の政策』を進めていることをあなたは知っていますか?

しかし、それは日本人向けではなく、外国人向けのものです。

その中に『デジタルノマド』の外国人が、日本に在留できるようにする制度を盛り込んでいます。

日本人からは搾取ざんまい、どんどん貧困に陥ってしまっています。

こんな狂った世の中で、今あなたが取り組むのは『独りひっそりネットビジネス』一択なんです。

社会システムの現状から目を背けると、大貧民へ向かいます

 

メンターに出会うまでの私は、会社の奴隷でした。

会社での日常に疑問を感じながらも、「当たり前」という同調圧力に流されていました。

 

しかし、今となっては、昔の私に「もう会社なんて行かなくていい!」と叫びたい気持ちです。

だって、独りで家で引きこもって稼ぎ続けられるなんて最強じゃないですか!

 

現実として、社会システムは実はすでに崩壊しているんですよ。

お互いに助け合うような、優しい世の中は幻想となりました。

  • 会社の中で感じる奴隷のような扱い(パワハラ・モラハラなど)
  • 真実を語らない政府(税金の仕組み・お金の流れ)
  • 医者が出し続ける処方箋(医療業界・医学利権の闇)

日常的に信じてきたものが、実は信じられないものであることに気づき始めています。

 

多くの日本人は、情報が遮断されていることに気づかずに生きています。

マスメディアの思うツボとなり、特権階級の人たちの操り人形なのです。

働いても働いても搾取され、日本人は貧困に苦しんで大貧民へ向かいます。

 

操られる働き方、あなたはいつまで続けるつもりですか?

 

新しい働き方を今すぐ学ぶことで、豊かな人生の扉が開かれます

 

ありがたいことに、私は海外の情報に精通しているメンターから、新しい知識や情報を学べます。

そして、『独りひっそりネットビジネス』を楽しんで続けています。

1日2時間、週4日以内の健康的な働き方なので、ストレスフリーですよ。

これは独りで、自分のペースで働きたい人にとって、最高で最強の働き方です。

 

メンターが教えてくださった人工知能ツールを導入し、業務をほぼ自動化しています。

その結果、努力や根性なんてまったく必要ありません。

ゆる〜く、らく〜に、収入を得ることができるようになりました。

毎日、寝ても覚めても幸せな気持ちで過ごせています。

 

今の私の目標は、50代までに6,000万円の貯金をすることです。

そうすれば、大切な人たちの人生も守り抜けると確信しているからです。

 

引きこもりの私は、パソコン一台で不労所得の道を歩んでいます。

40代のメンヘラの私のような初心者でも、独りひっそりと稼げています。

ですから、メンターからきちんと謙虚な姿勢で学び続ければ、みんなデジタルノマドで生きられます。

 

もしあなたが、1日8時間労働で会社に雇われているのがおかしいと感じているのであれば、なおさら変わる時です。

今、『独りひっそりネットビジネス』を学び、新しい働き方を始める時が来ています。

あなたも新しい時代の働き方を身につけ、人生を豊かにする一歩を踏み出していただきたいです。

私の人生が好転したおすすめ商品の紹介