ブログ

今がツラい…雇われる選択肢の一択から抜け出すには?

こんにちは!りくゆとです。

 

今回は雇われる働き方から抜け出すために

あなたが出来る事についてお話していきます。

 

これから私の身近で実際に起こった事を

例にしてお話を進めていきます。

 

想像しながら読んでいただけると幸いです。

ふと漏らした不安

「人を減らされることになったら、生活出来なくなる…」

現在私が働いている部署の事務員(Aさん)が、ふと漏らしていた言葉です。

 

Aさんは、長年勤めている社員さんなのです。

年代は私より少し上くらいだと思います。

先日、私もAさんと同じくらい残業していたわけです。

夜遅くまでの残業

朝9時に仕事開始、気づいたら夜22時を回っていました…。

朝から晩まで12時間以上パソコンとにらめっこ…。

頭おかしくなっちゃいますよね。

 

私の場合は、派遣でお仕事しているので

「この職場にしがみつかなくては!」など、まったく思っていません。

むしろ、「雇われる選択肢以外に、収入の自動化を実現だ!」という考えです。

 

Aさんの場合は、「残業が辛くても、生活があるからこの職場に居続けなければ!」

そのような感じで毎日お仕事をされているようです。

 

明日は我が身?

そんな中、数日前に上司の口から『関係会社が一ヶ所閉鎖になる』という話がありました。

もしかしたらAさんの頭に『明日は我が身』という言葉が過ぎったのかもしれません。

 

これまで雇われるという働き方に何の疑問も持たなかったのでしょうか…?

いえ、その気持ちも分かるんです…。

以前までは私もそちら側の思考でしたし、それが普通だと思い込まされていました。

 

今では、その洗脳もメンターの学びによって脱ぎ捨てています。

 

雇われる選択肢のみの恐怖

雇われるという選択肢一択でいると、いつも恐怖が付きまとうのでしょうね。

しかし、日本はサラリーマンで雇われ労働の割合がほぼ占めています。

 

私もここ20年ほどは正社員に固執して

会社勤めこそ真っ当な道だと思っていました。

 

でも…気づき、目が醒めました。

 

時代の変化とともにあなたが出来ること

現在はネット社会の勢いが増していて、働き方も激変しています。

だからこそ、時代の変化にきちんと乗って働き方も変えていくという思考が大切になってきます。

  • いつリストラにあうか分からない…
  • 残業続きで身体を崩しても出勤しなくてはいけない…
  • 休みたくても休んだ翌日に仕事を2日分しなければならない…

このような不安や恐怖心ばかりを抱えてしまったら、いつか自分自身が壊れてしまいます。

 

あなたは日々の生活で、思考停止状態になっていませんか?

働き方にも選択肢を増やしていくと、心身ともに楽になりますよ。

 

私は、独りでネットを使って働く事を目標にしています。

しかし、そのためにはその道の成功者からきちんと学ぶ必要があります。

 

幸いにもメンターの松田さんと出会い

多くの気づきとマインドセットを学んでいます。

 

メンターにたどり着くまでは、相当な回り道をしてきました。

それでも立ち止まらずに動き続けた事で出会えたのだと思います。

 

独りでグルグル考え込んでも、時間が過ぎていくだけです。

もし気になる方は、メンターのお話を読んでみて下さい。

 

今はネット社会ですから、調べることはすぐに出来ます。

もし、現状をどうにか変えたいと思うのであれば、行動しましょう。

 

私が学び続けているメンター

松田豊さんのホームページはこちら

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

-ブログ

© 2020 りくゆとのブログ